2018年02月17日

「SHURE215とUM-Pro30」〜沼へと続く道か?(近況2)

Marantz M-CR611


前回に続いて、最近ボクが買ったモノについて記す。
ボクがネットを調べて買ったDAPは、パイオニアのXDP-30Rという機種である。選んだ理由は単純で、“値段”であった。2017年春の製品であるにもかかわらず、買った時の価格は2万円ほど。しかも音質はひとクラス上のモデル並みと評判だったからだ。DAPという言葉すら知らなかったボクとしては、最近のポータブル・オーディオの現況を知るうえでも、入門機としてベストチョイスと考えた。

そしてそれとあわせて買ったイヤホンは、SHURE製SE215SPE-Aというモデルだ。これまでボクは5000円以上するようなイヤホンを買ったことがない。SHUREのイヤホンはまったくの初級者機種だが、それでも1万円チョイするので、ボクとしてはスカイツリーから飛び降りた気持ちであった。今どきの人たちは、マニアじゃなくとも平気で5万円、10万円クラスのイヤホンを買っているようだが、いや世の中変わってしまったものだとつくづく感心する。SE215を選んだ理由もDAPと同様で、入門者にとって間違いのない、鉄板イヤホンとして決めたものである。

クララ


ボクはそれらを家電店などで視聴もしておらず、ネットで注文して届いて聴いたのがはじめてのDAP体験であった。はじめて聴いたときは、都会に出てきたブッシュマンの心境だった。ビックリした。2年前に引っ越しを機に買ったオーディオ(マランツのCDレシーバーとDALIのスピーカー)を最初に聴いた時の衝撃と同じ、音質、迫力、立体的音像感、すべてにおいて、これまでイヤホンで聴いたことのないサウンドが鳴っていた。DAPとイヤホンで3万円くらいの安価セットだが、これほど違った音世界が聴けるとは思っていなかったので、個人的にはまさにカルチャーショックだった。(うちの上さんもはじめて聴いて驚いていた)

ここまでの音が聴けると思っていなかったボクは、しばらく聴いているうちに、『もっといいイヤホンだと、どんな音が聴けるのだろう』という物欲が沸いてくるのを抑えられなかった。ネットなんかをみると、『3万円を超えると、イヤホンはまた別次元の音を奏でる』的なコメントをよく見かけるからだ。
ということで、SHURE215を手にしてわずか2週間後、ボクはWESTONEのUM-Pro30というモデルをヨドバシでポチっていた。(eイヤホンに買いに行ったがどの店も在庫切れ、ヨドバシ秋葉原・横浜でも在庫切れだったので、よけいに欲しい衝動が高まってしまっていた) 正直に言えば、SHURE215からWESTONEに代わっても、ボクみたいな耳音痴にはそこまで“激変した”とは感じられなかった。しかしよく言われるように、音の解像度は高まり、よりクリアなサウンドイメージとなって聴こえるので買って後悔はまったくしていない。ダイナミック型とBA型の違いもあって(こんなことも今回はじめて知ったことだ)、とても楽しく聴けている。イヤホンはこれでしばらくは満足して聴き込んでいきたいと思う。

牛


『だけども、問題は今日の雨』(by陽水)ではなく『問題はDAP』である。素人耳にはパイオニアXDP-30Rは充分な音質で奏でてくれるのだが、いかんせんハードのつくりがお世辞にもいいとは言えない。ネットを見てボクもある程度は覚悟していたのだが、ちょっと我慢できない点が2つほどある(2つ以外にもあるがとりあえず無視)。 ※ちなみに以下はボクの機体固有の問題なので、当たり外れはあるかもしれないことをあらかじめ断わっておく。
まず問題のひとつは、電源(起動?)ボタンの感度の悪さ。かなりきっちりと意識して押し込まないと反応してくれない。片手がふさがっていて操作するときなど、とくにイライラしてしまう。我慢できないほどでもないのだが、中華イミテーションとは違うのでやはり何とかしてほしいと思った。
もうひとつはイヤホンジャック(もちろんメス口)。本機にはふつうの3.5mmミニジャックと2.5mmバランス接続用の2つのジャックがあり、ボクは当初からバランス接続で聴いていた。バランスジャックもかなり甘い(抜けやすい)なと思っていたのだが、なんとか実用上問題はなかった。ところがWESTONEにイヤホンを代えて、しばらくはアンバランスで聴こうと思っていたらこれが酷かった。歩いたり移動していると、しょっちゅう音が途切れる。まったく聴こえなくなったり、片耳音だけになったり、とにかく酷い。音質はとてもいいと思うので、人にも勧めたいと思うが、これから買おうと考えている人は、ボクのようなケースもあることを覚悟して購入すべきであろう。(室内で大人しく聴いている分には、すばらしいコストパフォーマンス機だと思う)

現在ボクはXDP-30RにUM-Pro30をバランスケーブル(onsoの安いやつ)でつないで聴いている。バランスだとそれほどの接続不良にはならないものの、DAPを換えようかどうしようか迷ったりもしている(ちなみにSHURE215は上さんにプレゼントした)。 もし買い換えるとしても、現機はまた上さんにプレゼントしようと思うので丸々無駄になるわけではない(上さんもDAPは持っていないので、タダなら喜ぶに違いない)。 と、自分に言い訳をしながら物欲を満たそうとしている自分が怖い・・・が、もしも買ってしまったら、そのときはまたブログに自責の念を書き残すつもりである。


posted by なすぱぱ at 09:43 | Comment(0) | モノ・goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: