2019年02月16日

「クルレンツィスの悲愴」〜同業者も嫉妬する天才の調べ。

しんのすけ

前回に続いて、渋谷のオーチャードホールで先日催された、カリスマ指揮者テオドール・クルレンツィスとムジカエテルナの初来日コンサートのことについて書く。前回はコンサート前半に演奏された、バイオリンソリスト、コパチンスカヤによるチャイコフスキーのバイオリン協奏曲のことについて書いたが、今回はメインディッシュ、チャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」の演奏について思いつくままに記していく。

前半を終えて休憩をはさむ間に、ステージは模様替えしていた。バイオリン奏者などが座っていた椅子席が取り払われ、立ち席となっている。うわさ通り、ムジカエテルナというオケは奏者が立って演奏するらしい。しかもオーケストラの人数が前半よりかなり増えているではないか。
実は前半のバイオリン協奏曲を聴いていて、ボクはオーケストラの音がすこし薄いのではないかと感じていた。しかし海外公演ということで、来日するメンバーは絞られているのだろうと勝手に思っていたのだ・・・・ところが、前半より20人以上(?)多くの奏者が後半のステージに出ている…何故? なぜそんな編成としたのか、前半の協奏曲では、ソリストのコパチンスカヤを際立たせるために、あえてオケを小編成としたのだろうか。理由は分からないが、後半この人数編成ならば、迫力のある「悲愴」が聴けそうである。ちょっとワクワクした。

今回の「悲愴」、とてもとても楽しみではあったが、懸念していたこともあった。それは、ボクが聴いて感動したCDの「悲愴」は、何度も何度も録音を繰り返し、しかもクルレンツィス自身によるミキシングなんかも相当に時間をかけて凝ったらしいということを上さんから聞いていたからだ。つまり、CDと生演奏では、異なる「悲愴」になってしまうのではないかと疑っていたのだ。
上さんはこのコンサートに来るにあたって、ムラヴィンスキーとカラヤン指揮による2つの異なる「悲愴」CDを買っていて、もちろんボクもそれらをすこし予習がてらに聴いていた。両巨匠による「悲愴」もそれなりに良かったが、やはりクルレンツィスのCD盤に比べるとその鮮烈さ、ドラマチック性などにおいて物足りなさを感じていた。 もしかしたらクルレンツィスの「悲愴」も、ライブだとムラヴィンスキーやカラヤン盤のように聴こえてしまうのではないか。期待しすぎるとあとでガッカリしてしまいそうなので、ボクは上述のようなことを半分覚悟しながら生演奏が始まるのを待っていた。

ふくまろ

結果、そんな懸念を抱いていた自分が恥ずかしくなるくらい、見事な、すばらしい演奏であった。CDで聴く以上の迫力と、甚だしい音の熱量を感じることができた。むしろ、CDでは強弱をつけすぎて聞き取りづらかった音も(とくに第1楽章の出だし)わりと明瞭に聞こえて、チャイコフスキーの音楽がより分かりやすく耳に届いた感じがする。 唯一、CDのほうが音に雑味がなく、清冽な「悲愴」になっていたと思うが、ライブで多少の雑味が加わることによって、かえって人間の演奏する、魂の叫びが聞こえるような「悲愴」になっていたのではないか、クラシックの素人であるボクはそのように感じた次第である。

クラシックの演奏をあまり見たことのないボクだが、今回はオーケストラの立奏スタイルのステージも印象に残った。立って演奏することによって、楽器と格闘する奏者の姿が鮮明で、求める音を楽器から引き出そうとする奏者の躍動感が美しい。奏者一人ひとりが身体ぜんぶを使って、魂をこめて演奏しているのは見ているだけで心が踊った。そして中でも図抜けて輝いていたのは、もちろん指揮者クルレンツィスその人である。指揮棒も持たずに、上半身だけでなく下半身、全身を踊らせながら指揮する彼を見ていると、一流のパントマイマーが指揮者というテーマでパフォーマンスしているように錯覚してしまうようだった。魂の音(楽)を導く、アポロンかミューズの化身といっても大げさではないくらい、彼の指揮は神がかっていたと思う。ほんとに素晴らしかった!

ココ

前回のコパチンスカヤのときもそうだったが、クルレンツィス、「悲愴」のこともまだまだ言い足りていない感じでもどかしい。今回このコンサートを見る、聴くことができて本当に幸せだったと思うが、残念なことがひとつある。それは、今後もし他のクラシックコンサートに行くことがあっても、なにか物足りなさを感じてしまうのではないかということ。全身全霊で音楽に臨む指揮者クルレンツィスと奏者ムジカエテルナのパフォーマンスは、テクニカルを超えた何かを感じさせるものだった。もし将来、また来日するようであれば、ぜひ再び聴いてみたいと思う。そのときは借金してでもSS席で聴いてみたいものだが、お金の前に予約が人気で取れないことのほうがこわい。

追記:
見出しで「同業者も嫉妬する…」と書いたが、これは後日に上さんがネットを見ていて、ツイッターでプロ指揮者と思われる人が『他人の指揮する演奏を見るといつも、自分も頑張ろう、と思うのだが、この演奏では指揮者をやめたくなった』(かなり意訳しているかもしれないけど)みたいなツイートをしていたことに由来する。


posted by なすぱぱ at 07:36 | Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月11日

「コパチンスカヤ」〜裸足の女性バイオリニストは噂以上。

花

ちょっと前、クラシック音楽ではじめて感動したCDアルバムのことを書いた。ギリシア人指揮者「クルレンツィス」と、彼の率いるロシアのオーケストラ「ムジカエテルナ」による「悲愴」というアルバムである。その際、うちの上さんが彼らの初来日公演に行く予定だということにも触れた。そしてまさに昨日、渋谷のオーチャードホールで開かれたコンサートに、上さんとボクは行ってきたのであった。 ん?・・・たしか上さんが一人で行く予定だったのではないのか? そう、その予定であったが、なぜかボクも行くことになったのだ。その経緯はどうでもよいことなので、今回は熱も冷めやらぬうちに、そのことを書いておこうと思う。

渋谷のオーチャードホールなんて、もちろんボクは行ったこともない。ボクは左側2階席で見たが、上さんは1階の5、6列めあたりという、うらやましい席で見ることになった。(これまでの数少ない経験から、席によって聴こえ方がずいぶん違うことを感じていたので、やはりSS席というのはただ高いだけではないことも理解していた) ちなみに1階の上さんも2階のボクもともにS席ではあった。
上さんはここ最近クラシックコンサートによく行っているので、今回コンサートの観客はけっこう若い人が多いようだと言っていた。たしかに昨年ボクも行った、みなとみらいで開かれた神奈川フィルによるチャイコフスキー公演では、もっぱらシニア層が目立っていた。ボクたちもけっこうな齢ではあるが、それ以上の年代層がたくさんいたように記憶している。それに比べて今回は若い年代が多くみられた。きっとボクみたいに、話題のクルレンツィスの「悲愴」をCDで聴いて、ぜひ生で見たいと考えるクラシックビギナーやミーハー客が大勢いたためと思われるが、どうなのだろうか。

クララ

さてコンサートのことである。オーチャードホールでの演目は、目玉であるチャイコフスキー交響曲第6番「悲愴」と、同作曲家のバイオリン協奏曲であった。最初に演奏されたのは協奏曲で、バイオリンのソリストはコパチンスカヤという小国モルドバ出身の、これも話題のアーティストである(らしい)。ボクは神奈川フィルのとき、この協奏曲をけっこう予習(?)していて、諏訪内晶子とキョン・チョン・ファという有名な二人のバージョンでかなり聴いてきている(もちろん2枚とも上さん購入)。だから実は今回コンサートでクルレンツィスがどんな演奏を聴かせてくれるのか、「悲愴」よりもちょっと楽しみにしていたのだった。

演奏は・・・・予想を上まわる破天荒なものだった。これまで聴いたチャイコフスキーの協奏曲とはまったく別もの。素人のボクが聴いてもその違いは一目(聴)瞭然であった。赤い靴を履いて舞台に登場したコパチンスカヤは、噂通りその靴を脱ぎすてて演奏し始めたのだが、その演奏スタイルのパワフルなことエネルギッシュなこと、見ているととてもクラシックコンサートの演奏とは思えないくらいだった。(口の悪い人だったら、大道芸みたいと言うことだろう)
曲のテンポや強弱のつけ方もパフォーマンス通り激しく、はたして古くからのチャイコフスキーファンはあの演奏を許せるのだろうか。駄耳のボクでも、本来楽譜に備わっているはずの音がとばされていたのではないかと思う箇所が、全楽章にわたって散在していたことがわかる(自信はないけど)。たしかに楽曲の主旋律はオリジナルを形づくっているので、チャイコフスキーの協奏曲であることは明白なのだが・・・・とにかく凄い、強烈なインパクトを与える演奏であった。

ココ

と、ここで誰もが思うであろう疑問がひとつ。はたしてあの演奏はソリストのコパチンスカヤが編み出した曲想なのか、指揮者クルレンツィスの術によるものなのか、という点。二人の共謀であろうことは間違いないのだろうが、どちらが主導しての演奏なのか、ちょっと気になる。ボクは彼女の他曲演奏を聴いたことがないので、いつもいつもあぁなのかは知らない。上さんによれば、あの由緒正しきベルリンフィルとも共演するらしいので、普通に演奏しようと思えばできるということか(ベルリンフィルがムジカエテルナのような演奏にアレンジされることはまずないと思うので)。どちらが主導したにせよ、今回聴いた協奏曲をボクは最初戸惑いながら聴いていたが、しばらくしてからは素直に聴けるようになった。そしてけっこう気に入りもした。とにかく、彼女とオーケストラの共創する音楽は、熱いパッションに満ち満ちていて、聴いていて(見ていても)楽しくなる。クラシックコンサートでこんなに心が躍るとは、まさか思いもよらなかったことである。

コパチンスカヤのことだけでもっともっと書きたい気もするが、今回は勢いで書いて疲れたのでここまで。次回はコンサートの後半、本命のクルレンツィス指揮「悲愴」のことについて書こうと思う。


posted by なすぱぱ at 17:35 | Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月02日

「QueenとGAGA」〜2つの音楽映画を観て思ったこと。

ふくまろ

昨年末から今年の初めにかけて、2つの映画を映画館でひとりで観た。緑内障がひどくなって以来、映画など観ること自体がけっこう辛くて、とくに画面転換や動きの激しいSFやアクションものは、まともに鑑賞することができなくなってきている。 なので今回観たのは、2本とも音楽要素の強い映画であった。昨年末に「ボヘミアン・ラプソディ」を、そして今年に入って「アリー/スター誕生」を観た。いずれもうちの上さんが先にひとりで観ていて、『面白かった』というのでボクもヒマつぶしに観たという感じである。

ずいぶん前になるが、「Queen(クイーン)」のことはこのブログでもちょっと取りあげたことがある。有名な「オペラ座の夜」というアルバムのメモリアル盤を買った時のことである。とはいっても、ボクはクイーンの熱烈なファンというわけではなく、ただの通りすがりのミーハーなファンのひとりにすぎないのだが、フレディ・マーキュリーという人間にはちょっと興味もあったので、この映画を観てとても楽しむことができた。ちょっと残念だったのは、フレディ役の顔(メイク)がフレディの出っ歯を強調しすぎて『ちょっと変じゃね?』と感じたことだが、中後半ではそれほど気にならなくなっていたので、まぁ許容範囲だろうか。

それにしてもこの映画、なぜここまでヒットしているのだろうか。クイーン好きの多い日本だけかと思ったら、世界中でヒットしているらしいではないか。これは単純に、クイーンを知らなかった若い世代がその楽曲に魅せられた結果、リバイバルブームのような現象になっているのだろうか。個人的にはフレディ・マーキュリーの内面に迫った物語、描写には至っていなかったのでやや不満だったが、やはりこの映画の醍醐味はシナリオの物語性ではなく、物語性をもったドラマチックなクイーンの音楽が、映画という媒体にピッタリだった結果なのかもしれない。いずれにしても映画の中での楽曲シーンはとてもよくできていて、ライブシーンでも役者が実際に演奏しているのではないかと錯覚してしまうくらいだったと思う。クイーンの音楽に酔う。その気持ち良さがこの映画の最大の魅力なのだと思った。

ココ

片や「アリー/スター誕生」であるが、まず第一に感じたことは『主役はレディ・ガガじゃなくてブラッドリー・クーパーじゃね?』である。ボクだけじゃなく、この映画を観た人なら誰もが感じることなのではないだろうか。個人的にはボクはこの映画が嫌いではない。しかしである、「アリー/スター誕生」というからには、本作のスポットライトはアリーにあたって当然であって、ジャックは渋いわき役として映画を支えるべき存在のはず。それなのに脚本も演出もジャックの存在感を強調しすぎてアリーは影に沈んでしまっているではないか。 監督、脚本、主役、おまけに劇中の楽曲までつくっているブラッドリー・クーパーの才能はすばらしいと思うが、映画作品としてはあまりに男優のナルシストぶりが際立って、どうなの?と思ってしまう。
「スター誕生」はかつてバーブラ・ストライサンドが演じて、ボクはけっこう感動したように記憶している(内容などは1ミリも憶えていないけど)。しかし本作ではアリーが最後の楽曲にいたるプロセス、その説得力が乏しいのだ。最後のアリーの歌=熱唱を聴いてどこまで観る人の心を揺さぶることができるか、この映画の肝はそこにあるとボクは思っているが、本作は残念ながら心揺さぶられることはなかった。

しんのすけ

レディ・ガガについてちょっと。 ボクはレディ・ガガの楽曲を単なる流行(はやり)ものではない、聴く者の心に訴えかける力をもった音楽だと思っている。コスチュームやPVの派手、奇抜さが注目されがちだが、彼女の歌唱力は本物だと感じていた。しかし、「スター誕生」を観て、コテコテに飾られたレディ・ガガというミュージシャンの、コテコテの必然性を今回強く感じてしまった。『素のレディ・ガガでは魅力に乏しい』ことをあらためて認識してしまったのだ。

前述したように「アリー/スター誕生」という映画は、ブラッドリー・クーパーによって主役のアリーが沈んでしまっているが、その原因は彼だけでなくレディ・ガガにもあったと思う。劇中でアリー役のレディ・ガガは、すっぴんに近い姿で、素に近い声音で歌っているのだが、何かが足りないのである。見栄え、声質、歌唱力などに飛びぬけた特徴、個性を感じられないのだ。同じ「スター誕生」でバーブラ・ストライサンドも見た目には華やかさはないのだが、矢代亜紀の唄う「舟唄」と同じように、彼女の歌には心が籠り哀惜が感じられて聴こえる。ホントに心が籠っているかどうかは別問題で、バーブラの声質や唄い方に個性を感じるということ。レディ・ガガの『素』には、そんな個性が薄いのだと思う。
しかし、たぶんそのことを誰よりも知っているであろう才女レディ・ガガは、自身を過剰に演出し、楽曲でも過剰なアレンジを施すことによって大衆の心を掴んできたのだ。そんなレディ・ガガは、この映画の完成を観てどう思ったのだろうか。『やっぱレディ・ガガってスゲーな!』、と思ってもらおうなどとは考えていないはずである。本作で彼女は、『普通の人とそんなに変わらないじゃん』、という思いを抱かせたかったのではないか。ブラッドリー・クーパーの演出に乗じて、あえて自らの存在を大衆に近づけたかったのではないか。頭のいい彼女は、そんなことまで計算して映画出演をOKしたのではないかと勘繰ってしまう。
レディ・ガガはこの映画で『素』である自分を自ら演出したのである。映画の出来、だけのことを考えればもしかしたらビヨンセ主演のほうが華があったかもしれないが、個人的にはレディ・ガガの影に沈んだ「スター誕生」を観ることができてよかったと思っている。


posted by なすぱぱ at 08:01 | Comment(0) | テレビ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする